(有)横幕石材工業

文字追加彫り│(有)横幕石材工業

文字追加彫り

石屋で1番多いのは文字を彫る仕事です。
文字を刻む行為というのは魂を入れる作業だと思っております。
石材の種類も様々で色も違えば硬さも違う、目の細かい石もあれば目の粗い石もあるといったようにそれぞれに個性があります。
墨を入れるものと入れないものでは彫る深さを変えていますし、石材の色によっても同じです。
また、陰影の入り方なども考えて彫刻しております。
その特性をよく観察して、彫刻することが大切であると日々感じております。
以下では、弊社での文字彫刻についてのやり方や考え方が記してあり、文字彫刻をする際の参考にしていただけたら幸いです。

文字彫刻の流れ

文字彫刻の流れ│(有)横幕石材工業

文字の彫り方について

文字彫刻には「現場彫り」と「工場彫り」の2種類があり、弊社では「工場彫り」で文字彫刻を行っております。
お互いにメリット、デメリットがありますが、現場彫りのメリットとしましては、その場ですべて完結することができ、運搬の必要がないため傷をつけるリスクが少ないことです。デメリットは、野外での作業となるため、天候の影響を受けやすいことです。特に墨入れはほこりやゴミが入ると見栄え、劣化の原因にもなるためです。
その点、工場彫りは密閉された場所で行うため、その心配も少ないと言えます。工場彫りのデメリットとしては、運搬により墓誌に傷をつけるリスクがあることです。
弊社では墓誌運搬時、墓誌がトラックの荷台に接する面すべてに毛布を敷き、しっかり養生してから運搬、文字彫り前と設置時には点検も行っております。
*墓石に文字を彫刻する場合もこれと同じです。
*遠方などの場合は、現場彫りで対応することがございます。

アクセスマップ お問合せ

お気軽にお問合せ下さい