(有)横幕石材工業

『寿陵墓』(生前墓)について教えてください。│(有)横幕石材工業

『寿陵墓』(生前墓)について教えてください。

寿陵の意味

寿陵の「寿(じゅ)」は、長寿・長命など、いのちを長らえるという意味で使われています。そして「陵」は″みささぎ″と読み、中国で古くから「皇帝の墓」という意味で使われていたそうです。また日本では天皇のお墓のことを「御陵(ごりょう)」と呼んでいます。

寿陵の歴史

中国では秦の始皇帝、日本では聖徳太子や昭和天皇が寿陵を建てていたことで知られています。

寿陵墓のメリット

その1:自分の希望通りにお墓を建てることができる 生前に亡くなった後の自分のお墓の希望をご家族に伝えていたとしても、時間がなかったり、予算より余分に費用がかかるといった状況になってしまい、なかなか希望通りにはいかないものです。
生きているうちに自分でお墓の場所、デザイン、石の種類などを決めておけば、納得したお墓を建てることができますし、亡くなってからだとご家族はお葬式、届け出、手続きなどやることがたくさんあるので、お墓を建てる手間はありません。

その2:落ち着いて選ぶことができる 亡くなったあとはお葬式、届け出、手続きなどご家族はやることがたくさんあって、故人の生前の望みを必ずしも実現できないのが現状だと思います。
生前に自分で納得のいくお墓を建てておけば後悔はありませんし、忙しいご家族の手を煩わせることもありません。

その3:相続税の節税になる 亡くなったご家族から受継ぐ財産にかかる税金のことを相続税といい、現金や土地・建物は相続税の対象になりますが、お墓は建てた金額にかかわらず相続税や固定資産税の対象外となりますので、節税になります。

最後に
お墓というのは、「故人とご家族をつなぐ語りの場」だと思っております。
ご家族とよくご相談されたうえで、お墓をご購入いただき、末永く語りの場として大切にしていただけたら嬉しく思います。

アクセスマップ お問合せ

お気軽にお問合せ下さい